中古クレーン車が活躍する場所と正しい売り方

クレーン

中古市場の活発化

近年、中古車市場も活発化してきており、中古クレーン車をはじめ、多くの車の買取価格が向上しつつあります。その背景には、インターネットの普及が関係しています。そもそも、以前では「車」というものは、乗り続けて故障すれば、廃車にして乗り換えるということが一般的でした。しかし、ネットが普及するにつれて、全国エリアで販売ルートを確保できるようになった為、どこでも中古車が簡単に売れるようになったのです。その結果、売りたい方と買いたい方がマッチングしやすくなった為、中古市場が活発化したと考えられています。

建設で活躍するクレーン車

建設業界において、トラックやダンプカーなどは必須ですが、最近ではクレーン車の需要が高まりつつあることをご存知でしょうか?クレーン車にも種類がありますが、中でもクレーンを荷台と運転席の間に組み付けるタイプであるキャブバッククレーンは人気があり、高く売れる傾向にあります。また、あらゆる作業現場で商用車として活躍するトラッククレーンなども、汎用性が高く多くの建設会社から愛用されています。

中古クレーンは買取業者へ

中古クレーン車は今や故障していても売れるぐらいに、買取業者からも人気があります。その為、中古クレーンを保持している方がいれば、売却を検討してもいいでしょう。しかし、ここで買取業者の選び方に注意する必要があります。買取業者と一口にいっても、様々なタイプがあります。高く売りたいのであれば、なるべく中古車買取専門店を選ぶようにしましょう。中古車買取専門店なら買取実績も豊富にあり、高く売りやすい傾向にあります。

中古車を売る時に必要な書類

自動車検査証

一般的に車検証と呼ばれている書類です。その車に関する車名や車体番号・形式など重要なデータが記載されており、国土交通省が定めている自動車の検査に合格しているという証明書でもあります。万が一紛失した場合、陸運局にて再発行することが可能です。

印鑑登録証明書

印鑑証明と呼ばれる書類で、中古車を売る時には発行から3ヶ月以内のものを用意する必要があります。この印鑑証明を取得するためには、実印と身分証明書を持って、市区町村役場にて登録する必要があります。

自賠責保険証明書

自賠責保険は、車を持っている誰しもが加入が義務付けられている保険で、車検証と同様に自動車を運転するときには携帯しておく必要があります。主にダッシュボードに入れている方も多いですが、万が一紛失した際には、保険会社にて再発行しましょう。

自動車税納税証明書

自動車を保持していると毎年に自動車税というものが発生します。自動車税納税証明書は、その税金を支払っているという証明になります。毎年5月になると、自動車税納税通知書に同封されて送られてきますので、大切に保管することをオススメします。

委任状/譲渡証明書

売却した中古車の名義変更や売却に関する証明書になるのが、委任状と譲渡証明書になります。この二点は新しい所有者に変更するために必要な書類であり、中古車の買取には欠かせません。委任状・譲渡証明書は印鑑証明と同じ実印が烙印されている必要があります。

複数台まとめて売った方が高い?

中古クレーンを始め、中古車を複数台まとめて買取したいという方も中にはいるはずです。確かに一般的な物の買取なら、まとめて売却した方が高くなる傾向にあります。しかし、車の場合には逆に安くなる傾向にあるので注意しましょう。

まとめ

中古クレーンに関する記事をご紹介しましたが、いかかがでしたでしょうか。車の買取は素人でもできますが、高く売るにはコツが必要です。これらの情報を活かしながら出来る限り、高く売れるように頑張りましょう。

広告募集中