中古クレーン車を高く売るために!コツを押さえよう

車を売る時の3つの方法

車を売却する方法には、販売ディーラーに下取ってもらう、中古車買取店で買取してもらう、ネットの一括査定を利用して売却するといった3つの方法があります。これから、この3つの方法をランキング形式でご紹介していきます。

高く売りやすい売却方法ランキング

no.1

ネットの一括査定サービス

一番高く売れる可能性がある売却方法が、ネットの一括査定サービスになります。一括査定サービスとは、複数の買取業者からまとめて査定依頼できるサービスで、買取店側も競合を承知した上で価格を提示するため、高い査定額が期待できます。

no.2

中古車買取店での買取

中古車買取店は、中古車を専門として取引しているだけあり、成約率が非常に高いです。また、一般的な販売店に比べて、販売ルートも豊富にあるために、買取価格が一定以上の数字がでることも多いです。一方で、中古車買取店には悪質な業者も存在するので、売る時には注意する必要もあります。

no.3

販売ディーラーでの下取り

信頼性においては販売ディーラーへの売却が一歩勝るものの、高く売りやすいとなれば話は別です。販売ディーラーは他の2つの方法に比べて、買取価格が下回る傾向にあるので、売却するときにはある程度の交渉スキルが必要でしょう。

中古クレーン車を高く売るために!コツを押さえよう

お金

売る時期やタイミングを考える

車というものは、年中ずっと同じ相場であるとは限りません。むしろ、時期によっては高騰したり、逆に下落することが普通です。そのため、中古クレーン車を高く売るためには、売る時期やタイミングを考える必要があると言えます。中古クレーン車は建設業が忙しくなる冬場ごろが一番高くなりやすいので、その時期に合わせて売るように心掛けましょう。

複数の業者から見積もる

やはり中古クレーン車もあくまでも車ですから、業者によって査定額が高かったり、低かったりと価格にバラツキがあります。そのため、高い価格で中古クレーン車を買い取ってもらうためには、複数の業者から見積もってもらうことをオススメします。複数の業者から見積もりをとっておけば、サービス内容や買取価格が比較できるので、どの業者が優良なのか一目瞭然でわかります。

キズやヘコミを消す

一般的な車両にも言えることですが、キズやヘコミは査定時においてマイナスとなる要素が大きいです。そのため、中古クレーン車に目立ったキズやヘコミがないかを確認するようにしましょう。仮にキズやヘコミがあったとして、自力で消せそうな場合には、査定する前に消しておくことをオススメします。それだけでも、査定額が上がるチャンスが増えるでしょう。

コミニュケーションを大切にする

中古クレーン車の買取価格は、査定士が車の状態や車種、走行距離、メンテナンス状況などをトータル的に見て判断し、提示されます。しかし、査定士や営業の方はその査定額を目安としただけで、交渉次第ではもっと高く売ることができます。見積もりの際には、ただ漠然と買取価格を受け入れるのではなく、コミニュケーションを大切にした上で臨むといいでしょう。

中古クレーン買取の流れ

査定・見積もり

中古クレーンを売却すると決めたなら、まずは業者にて査定・見積もりの依頼を出しておきましょう。査定・見積もりする業者は最寄りの店舗でも構いませんが、高く売るためにはいくつかの店舗から同時に査定・見積もりをとっておくといいです。

売買契約

いくつかの業者の内から、1番納得できる査定額と見積もりが提示された業者を選び、売買契約を結びます。売買契約では、契約書に署名捺印する必要がありますが、契約書に記載される車両情報の確認と特記事項等を読んだ上で、契約を結びましょう。

車両の引き渡し

契約が結ばれたら、車両本体と車検証、取引説明書、整備手帳、スペアキーなどを引き渡します。また、引き渡しには名義変更に必要な書類なども必要になるので、事前に用意するようにしましょう。これらを全て引き渡した後は入金の確認をして、契約は終了になります。

広告募集中